2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.20 (Sat)

レッスンの効果

前回のレッスンでは、右手を中心に直していただきました。

いま、根本的にボウイングを直しているのですが、長年の癖もあって、直すのはなかなか難しいです!
意識して弾いていてもまだ全然身についていないし、左手が複雑なところで注意がそっちにいったりすると、
完全にもとのボウイングで弾いてしまってる。

先生には、これは時間がかかるのでゆっくり直しましょう、と言われています。

でも、やっぱり、レッスンで習ったことを、家に帰って忘れないうちに楽譜に書きこんで復習して、そこを意識しながら練習すると、やっぱり全然違いますね

まだ曲を始めたばかりだから、直すところばかりだけど、練習していて、効果が感じられて楽しい!


私が入ってる教室は、アンサンブル中心のところなので、普段はグループレッスンを受けています。
入った当初、他の生徒さんたちが口をそろえて、「あの先生は本当にすごい!」というので、当時、何の情報ももっていなかった私は、そんなにみんなを虜にさせるなんて、一体どんな先生なの!!?と思ってました。

でも、本当にすごい先生でした!
その曲が書かれた時代に合わせた弾き方、体に無理のかからない弾き方、音の出し方etc.を、技術で示すと同時に、ことばで論理的に伝えてくれるんです。大人にとっては、まず頭で理解できるのがありがたい。

そして、ご自身はものすごい方なのに、私たちみたいな普通の(プロを目指すでもなく趣味でやってる)大人の生徒にもとても丁寧に接してくださるし、子どもたちにも優しいし。
(うーん、でも、どんな分野でも、本当にすごい人って全然驕っていないんですよね。)
そして、それぞれのレベルに合った教え方はするけど、その「それぞれのレベルにおいては」、きっと最終的な(発表の)段階では、妥協をしないんじゃないかなという気がします。

ちなみにレッスン中に
「あ、ちっちゃいころ弾いたっきりだから忘れちゃったー」とかいうおちゃめな一面も、
それだけ当時からレベルがすんごかったことの表れですね。

大人の生徒みんなで、あ、あんなすごい先生に習っていいのかしら・・・と言っています(笑)。

私、本当は今年ヴァイオリンを再開する予定なんて全然なかったんです。だから、予想外に、こんなに楽しめることができて、とってもうれしい!

せっかくの機会を無駄にしないように、上達できるように頑張ります
スポンサーサイト
22:22  |  レッスン  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。